「借地権付き戸建」とは建物の所有権を持っており土地は地主のものであり、地主に対して「地代」や「契約更新料」など支払いがかかります。

建物所有権の相続により子供世代に引き継がれた場合、すでに使用しなくなり手放したいと思ってもなかなかことが進まないケースがあります。

第三者の借地権を売る場合は地主の許可が必要であり、借地権の価値の10%程度を承諾料として地主に収めることが一般的ですが、地主から承諾許可が得られない。

地主の求める金額と所有者の売り値が折り合わない。

更地にして返さなくてはならない。など資金的に難しいことが多く、そのまま使用しない空き家に対して地代を支払うということを多く聞きます。

地主との意見のトラブルにより弁護士に依頼せざるを得ない状態で何年もかかる場合もあります。

そうなると、「負動産」とも言いかねない状態に・・・

借地権付き戸建をお持ちの方、底地をお持ちの地主様たくさんのご相談を頂きコンサルさせていただいております。

新たな解決策や資産を守る方法などのアドバイスさせていただきます。

お困りの方はお気軽にご相談ください。