事故物件 特殊物件 どんな訳あり物件も取り扱います!アウトレット不動産にお任せください!

取り扱い地域 〉東京神奈川千葉埼玉

東京の空き家・事故物件買取はアウトレット不動産

東京の対応エリア

千代田区|中央区|港区|新宿区|文京区|台東区|墨田区|江東区|品川区|目黒区|大田区|世田谷区|渋谷区|中野区|杉並区|豊島区|北区|荒川区|板橋区|練馬区|足立区|葛飾区|江戸川区|八王子市|立川市|武蔵野市|三鷹市|青梅市|府中市|昭島市|調布市|町田市|小金井市|小平市|日野市|東村山市|国分寺市|国立市|福生市|狛江市|東大和市|清瀬市|東久留米市|武蔵村山市|多摩市|稲城市|羽村市|あきる野市|西東京市

訳あり物件をお持ちの方!!

ゴミ屋敷になった家
階段が多い家
誰も住まなくなって処分したい家

どんな訳あり物件も取り扱います!!

アウトレット不動産にお任せ下さい!!

– 例えば –

売りたい方売りたい方
  • 借地権や底地
  • ゴミ屋敷状態になっている家
  • 孤独死・自殺・火災があった物件
  • 再建築不可・車が入らない物件
  • 相続したまま空き家になっている
  • 家が傾いたまま空き家になっている
  • 低地・狭小変形地・傾斜地・土壌汚染など
  • 私道や境界、その他のトラブルがある物件
売りたい方売りたい方

訳あり物件とは?

事故物件ならびに瑕疵物件を総称して「訳あり物件」と呼んでいます。 訳あり物件とは、一般的に売買が困難な物件を言います。 たとえば、火事で焼死した・自殺現場となった・殺人が行われた、などを「心理的瑕疵物件」といい、借地・底地・山の斜面に家がある・土地の形が悪い・建築基準法により再建築できない土地・道路が狭すぎて敷地まで車が行けない、階段の先に家がある、前の道が他人のもので使用できない、などを「物理的瑕疵物件」といいます。

火災があった家
通路が狭く再建築すると狭くなってしまう家
誰も住まなくなって処分したい家

訳あり物件専門業者として数多くの物件を見て参りました。 経験とノウハウを生かし、スピード解決いたします。

よくある相談・お悩みにお答えします

遺品・残置物も含めて処分したい

故人の遺品整理も含めてお見積り致します。特殊清掃等も可能です。

自身が所有している持分のみ売却したい

共有で一つの土地や建物を持っている、他の共有者に知られずに売却したい等対応可能です。

物件から遠方でなかなか相談に行けない
(ご病気等で入院されているなど)

お電話やメールでの相談や現地見積りなど遠隔でも対応可能です。

登記費用等にかかる手持ちの現金がない

物件のお見積りから相殺してお手持ちなく売却することも可能です。登記や司法の相談もお受けいたします。

他社で査定金額が安かった

一般の不動産会社では取り扱わない事故物件や再建築不可物件等を多く買取させていただいております。様々なケースに対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

空き家の期間が長いと買取価格が下がります

戸建の場合空き家の期間が長くなることで査定金額が下がっていきます。人が住まない期間が長いと家の劣化が加速します。
排水管・水道管が壊れ水漏れが発生する。家の空気が淀みカビが発生しやすくなる。湿気がこもり床や天井が傷む。給湯器などの設備が壊れる。シロアリが発生しやすくなる。庭の管理が出来ず雑草やハチの巣が出来る可能性が高くなります。それによって近隣トラブルにつながることがあります。マンションでも維持管理は大変です。近隣からのクレームは気持ちのいいものではありません。
手入れにかかる時間・労力そして費用など計算すると大きな損失となります。
大切な家だからこそ出来るだけ早めに人が生活することで末永くその家を使うことにつながります。

古家は「解体しないで売却」をおすすめします

古いからという理由で解体をして売却することはお勧めしません。更地の方が売れやすいのではと思いますが、売却の出口を狭めてしまいます。昨今リユース・リフォームの流れが広がっており、古家を生かす活動が増えてきています。どんなに古い物件でも買取可能です。但し、解体し土地のみになると有効活用が難しくなってしまいます。建物は残したまま査定やお見積り依頼をすることをお勧めいたします。

買取事例

擁壁と建物傾きのある家

訳あり内容:擁壁と建物傾き
地域:東村山市 木造二階建て(築後30年)
地元の不動産業者に相談しても擁壁と建物の傾きにより何年も空き家で住宅ローンだけ支払っていたところTVの出演をきっかけにご相談頂き買取させていただきました。

借地権付き戸建

訳あり内容:借地権付き戸建
地域:東京都23区内(築後45年)
地主との交渉が難航し何年も空き家のまま地代を支払っているという状態でした。
建物の持ち主様の負担がなくなるご提案をしてご満足いただきました。

ご相談から売却までの流れ

無料相談
電話やお問合せフォームからお気軽に相談ください。
ご相談は無料です。

査定金額のご提示
(無料で行います)
現地調査含めてこちらで行い金額をご提示させていただきます。
遺品整理・特殊清掃・相続登記費用など含めてお見積り可能です。

売買契約締結
契約書類はこちらで作成致します。移転登記に伴うご案内等も含めて行います。

ご決済・
引き渡し完了
売主様へ売買金額をお振込みさせていただきます。
所有権の移転登記も行い、売却完了です。

ご契約まですべて無料で行います。ご希望金額・売却の期限などお伝えください。

当社が選ばれる3つの理由

  1. 他社では取り扱わない物件を積極的に取り扱います。
  2. 自殺・殺人・騒音や苦情などの近隣問題・・・誰もが敬遠する訳あり物件を取り扱います。
  3. お客様のご心情を一番に考えアフターフォロー致します。

近年増加し続けている、空き家。 空き家とひとくちに言っても、事故物件、訳あり物件など様々です。 東京都の人口10万人あたりの孤独死者数は9.648人で、手つかずの空き家は犯罪などを助長し、治安上も悪く、大きな社会問題にもなっています。 弊社はそんな特殊物件を専門に取り扱い、事故物件や訳あり物件を価値ある不動産に再生し、社会貢献をすることも、重要なミッションとして取り組んでいます。

参照データURL:16P目を参照

会社案内

アウトレット不動産株式会社
社名 アウトレット不動産株式会社
代表 昆 佑賢
会社設立 2011年2月18日
所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-31-6-603号
TEL 03-6421-7990
FAX 03-6421-7991
受付時間 9:00~18:00
定休日 水曜・日曜
宅建業免許番号 東京都知事(2)第98377号
所属団体 (公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟 (公社)全日本不動産協会会員
保証協会 (公社)不動産保証協会

代表の挨拶

昆 佑賢こん ゆうけん

私は2008年4月に「一般社団法人日本建築医学協会」という団体を知ったことをきっかけにさまざまな方の協力を得て、2011年2月に「アウトレット不動産」を設立致しました。 昔から「病は気から」と言われていますが、日本建築医学協会では、昨今の人のあらゆる問題について「病は家から」、「病は生活環境から」ということを幅広い学識、知見を持ち活動をしており、アウトレット不動産も一会員として日々実践・研鑽しております。 人口減少の波が止まらない今、空き家が増加し犯罪が増える現代の問題に対して不動産を生き返らせることは責務と考えます。 多くの現場経験と検証を積み重ねたことはきっと皆さまのお役に立てると思います。 ご相談お待ちしております。

昆 佑賢

昆 佑賢
Top